falcon ファルコン

営業先で欲しい情報をすぐに取り出したい
情報の管理は今の運用から変えたくない
FALCONはそんな企業ニーズにお応えする高速検索コンテンツ管理システムです。

概要  what's falcon

企業が扱う情報の急激な増加に比例して、社内のファイルサーバーや業務システムに眠ったまま全く活用されない情報も増加しています。 散在する情報の中から必要なものを見つけ出すのは容易なことではありませんし、人材の流動化が進む昨今、人の入れ替わりによって情報の存在自体を誰も知らないというケースも珍しくありません。

そのような企業内で有効活用されていない価値ある情報をビジネスの最前線で活用できるようにするソリューションがFALCON(Fast And Light COntents management system by Nextep solutions)です。 FALCONがお客様のビジネスを支えるスマートな情報活用を実現します。

FALCONの主な特長  features

  • 高速全文検索

    指定のキーワードを含む文書データを瞬時に検索して結果を一覧表示します。ファイルを直接開かなくてもプレビュー画面で確認できるので効率的に欲しいデータを探すことが可能です。

  • 権限設定で機密情報を保護

    ファイルへのアクセス権限を柔軟に設定できるため、機密情報や個人情報の漏えいを防止できます。また、ファイルサーバーのディレクトリ権限をそのまま適用することもできるため運用の負担を減らすことができます。

  • イメージファイルにも対応

    文字認識機能を搭載しており、Office文書やPDFファイルだけでなく、イメージファイルやスキャンした文書なども全文検索することが可能です。

  • 社内システムと連携

    Lotus Notesやその他グループウェア、基幹システムなどと連携して横断検索することができるため、現行の運用ルールを変えることなくスムーズに導入することができます。また、お客様のニーズに合わせた柔軟なカスタマイズも可能です。

  • クラウド対応

    自社内のサーバーだけでなくクラウド上のストレージも検索することが可能です。グループ全社向けのクラウド型情報共有基盤の構築やバックアップサーバーなどにご活用頂けます。

  • マルチデバイス対応

    データはPCだけでなくスマートフォンやタブレットからも検索・閲覧が可能です。営業活動の効率化や、会議・ミーティングのペーパーレス化によるコスト削減などを実現します。

FALCONのシステム構成  architecture

画面イメージ  screenshots

検索画面

検索条件に合致する情報を一覧で表示します。 検索条件は、キーワードをはじめ文書種別や作成年月日など、お客様ごとにカスタマイズします。 サムネイルやプレビュー以外にも、ファイルサーバディレクトリの表示も可能です。

コンテンツ表示画面①

検索結果から選択されたコンテンツ(ドキュメント)を画面全体に表示します。 オリジナルファイルのダウンロードや印刷も画面から直接行うことができます。

コンテンツ表示画面②

表示したファイルが目的のものと異なった場合は、検索結果を維持したまま、同画面内から他コンテンツをダイレクト表示させることが可能です。 毎回前画面に戻る必要がないので、スムーズに目的のコンテンツを探すことができます。

主な導入事例  case study

業種 適用例
販売/製造業 製品の設計図・図面、技術資料やマニュアルなど多岐にわたる文書類をデジタルで一元管理することにより、これまで欲しい情報を見つけるために掛かっていた時間を大幅に削減。 また、得意先への製品スペックのオンライン公開や、営業先でタブレットによるプレゼンテーションなどにも有効活用。
通販/小売業 これまでパンフレット、カタログ中心だった製品紹介をインタラクティブにアピール。 新商品発売と同時に、動画やARと連動して具体的な製品説明が可能に。 顧客が閲覧したデータは個別に収集、その後のセールスに向け解析。
官公庁/教育関係 申込み情報や答案など管理期間が定められている書類を統合管理、電子文書のみならず手書き文書も併せて保存することで真のペーパーレスを促進。 蓄積した文書は、横断検索可能で作業効率大幅アップを実現。
SIベンダー プロジェクトに関わる書類を蓄積することで、ドキュメント管理の手間を大幅に削減。 細かな権限を設定することで、メンバー入れ替えや新たな外注先に対しても、即座に閲覧可能に。 稼動後もナレッジデータベースとして活用し、大幅な生産性アップを実現。
その他 各種契約書・見積書・経営資料など、膨大な書類の中から、目的の情報を瞬時に手元へ。 ビジネススピードを大幅にアップすると共に、蓄積した情報を社内外問わず広く展開し、新たなビジネスチャンスを創出。

よくあるご質問  faq

カスタマイズは可能ですか?
可能です。蓄積するコンテンツや利用者、使用デバイスにより、最適な検索方法や画面構成を構築いたします。また、基幹システムとの接続など、収集するコンテンツもお客様に合わせてカスタマイズ可能です。
自社内のサーバに導入可能ですか?
可能です。既に稼働中のサーバでも問題なく導入することができ、お客様のみの環境でご利用いただけます。また、弊社クラウドサービスをご利用いただければ、容易かつ安全に外部からの接続を実現します(重要な資料などのバックアップサーバとしてもご活用いただけます)。
どのような種類のファイルに対応していますか?
Word、Excel、PowerPointなどのOffice文書、PDFのほか、一般的なCADデータにも対応しています。またOCR(光学式文字読取装置)エンジンとともに導入することで、Embedded PDF(文字埋め込み型PDF)以外の画像ファイルなども登録して全文検索することが可能です。
閲覧権限はどのように付与されるのですか?
ファイルサーバのアクセス権限、もしくはActiveDirectoryを参照します。アクセス権限を持たないユーザが検索した場合、検索候補から除外されますので機密情報漏えいの心配はございません。また、これ以外でも、FALCON内で独自に権限付与することも可能です。
主にどのような企業で導入されていますか?
多くの設計書を保有する製造業様を中心に、業種問わずご導入いただいております。また、最近では企業内ばかりではなく、図書館や博物館など一般利用者を対象としたサービスでもご利用いただいております。